みんなの失敗体験談

ネット婚活で失敗した例

婚活サイトなど、ネット婚活で失敗してしまったという体験談を紹介します。


■Case1:「気が合いそうな人だと思ったのに」30代女性


婚活サイトのプロフィールを見て、気が合いそうな人を見つけました。 メールでのやり取りを始めると、話も盛り上がって、感触もよさそう。「これはいい感じかも!?」と思っていたのですが、なかなか「会おう」という話が出てきません。どうしても会って話がしてみたいと思ったので、勇気を振り絞って、私から誘ってみました。彼からOKの返事をもらい、レストランで食事をしていたら、なんと、婚活サイトへの登録は仕事の調査のためだったとか。 せっかく気が合いそうな人だと思っていたのに…。当然、その人と進展するわけもなく。なんだか、バカにされたようで、婚活もやる気が失せてしまいました。


■Case2:「明らかに体目当ての人も」20代女性


職場にいい人もいなくて、友だちからの紹介も期待できなかったので、試しに婚活サイトに登録してみました。年齢的なことも影響していたのか、1週間ほどの間に100通以上のメッセージが!それはうれしかったのですが、すべてのメッセージに目を通したり、相手のプロフィールをじっくり見る余裕はありませんでした。

しかたなく、サッと目を通して気になった人をピックアップし、4人の男性と会ったのですが、収入はいいけど、自慢話ばかりで上から目線の人、自分大好きでやたらとアピールしてくる人、会ったばかりなのに、いきなりホテルに誘ってくる人も。もう少しプロフィールをじっくり見て、会う前にどんな人なのかをしっかり見極めておけばよかったです。


■まとめ

婚活サイトなど、ネットでの婚活の場合、参考になるのは、登録してあるプロフィールなど、ネット上の情報だけ。結婚相談所ならスタッフがサポートやフォローをしてくれるのですが、婚活サイトの場合は、自分で相手を探して、自分で見極め、判断しなければなりません。ネット上の情報だけだと、収入や職業など、どうしても、表面上のことしか知ることができません。実際に会ってみて、「こんな人だと思わなかった」というパターンが多いのが、婚活サイトかもしれません。

免責事項
このサイトで掲載している情報は個人の独自調査でまとめたものです。
費用やサービスなどの最新情報は必ず各社公式サイトにてご確認下さい。
ページの先頭へ