3.相手に選ばれる

相手に「結婚したいと思わせる」ポイントについてまとめました。

相手に結婚したいと思わせるポイントとは

1年以内に結婚したいなら、相手に「結婚したいと思わせる」ことが重要です。そのためのポイントをまとめました。

赤マル相手に選ばれるための自分になろう

結婚したいと思わせるためのポイントとして、男女共通の項目は以下の通り。

  • 価値観や結婚に対する条件が一致している
  • 一緒にいて落ち着く、ホッとできる
  • 社会性がある、しっかりしている
  • 趣味や好きなものなどの共通点がある、話が合う

価値観や結婚に対する条件の一致は大前提ですが、結婚相手としてもっとも大切にされるのは「一緒にいて落ち着く相手」のようです。結婚をすると、生涯の長い年月を一緒に過ごすことになります。常に緊張するような相手と一緒にいるのは厳しいですから、結婚を考えている相手にとって「リラックスできる存在」を目指すことが大切です。

大人としてきちんとした常識を持ち、良識のある振る舞いができる社会性・マナーも重要です。彼氏・彼女であれば少しくらい抜けていても「カワイイ」で済まされますが、結婚相手となるとそういった面は厳しくチェックされます。両親や友人・職場の人に紹介しても恥ずかしくないと思われるよう、しっかりとした社会性を身につけましょう。

赤マル相手に選ばれるためのキッカケを作る

結婚相手として選ばれるためには、自分からそのキッカケを作ることも大切です。「出会ったばかりで早すぎるのでは?」と感じる方もいるかと思いますが、1年以内の結婚を目指すなら時間をムダにしてはいられません。見込みのある相手であれば結婚する気があるかないかをハッキリさせ、一気に距離を縮めましょう。

まず、ストレートに「結婚の意思があるかないかを聞く」ことが大事。お見合いなどで出会った相手なら、2回目か3回目のデートで聞き出すと◎。自分はいつ頃までに結婚したいという意思を伝えると、相手に選ばれやすくなる傾向です。ここで言葉を濁したり、将来的には・・・などと曖昧な返事をする人ならそこで見切りをつけましょう。

ただ、いいなと思う相手であればあるほど、白黒をはっきりつけるのは難しいもの。そんなとき共通の友人・知人の存在や結婚相談所を利用していると、聞きにくいことをズバリ聞き出してもらえるので心強いですよ。

結婚を急いでいない人は・・・

結婚相手として選ばれるためには、それに見合う自分になる必要があります。結婚を急いでいなくても、日頃から自分を磨いて結婚相手として選ばれる素質を身につけましょう。

青マル外見的な魅力を磨く

人間は外見ではないと分かっていても、やはり第一印象は大切です。

■メイク
女性の場合、婚活におけるメイクはナチュラルが基本。華やかすぎて年齢に合わないメイクは異性から敬遠されてしまいます。年相応で自然に見えるメイク法を研究しましょう。雑誌やDVDでもOKですが、最近は婚活を考えている方のためのメイクセミナーなども行われています。男性の場合はメイクする必要はないですが、肌が健康的に見えるようある程度のケアはしておきましょう。適度に眉毛やヒゲを整えたり、髪型を清潔感のあるものにチェンジすると◎。

■ファッション
特別に高い服を着る必要はありませんが、清潔感ときちんと感があるファッションを心がけましょう。「自分はこういうスタイルが好き!」というこだわりはあるかと思いますが、婚活の場においてそれを押し出すのはおすすめできません。女性はカッチリしすぎないスーツやワンピース、男性はフォーマルに近いカジュアルスタイルを目指すと良いでしょう。

■スタイル
体型に自信が持てないなら、婚活を機にダイエットを始めましょう。毎日の食生活・運動習慣を見直し、結婚したいと思う時期に合わせて具体的な目標を立てて取り組んでください。どうしても1人ではくじけてしまう・・・という方は、スポーツジムで特別なメニューを組んでもらうのも1つの手段かも。モチベーションが維持でき、ヤル気も高まりそうです。ただし、男性・女性ともに痩せすぎはイメージが悪くなりがち。健康的なスタイルを目標にしましょう。

青マル内面的な魅力を磨く

結婚したいと思える相手になるには、内面の魅力も非常に重要です。

■行動範囲を広げる
すぐにできる内面磨きでおすすめなのは、行動範囲を広げること。知らない場所へ旅行をしたり新しいコミュニティに参加するなど、いつもと違う場所へ行くことでさまざまな刺激を得ることができます。いろいろな人と会話をする機会を持つのも◎。多種多様な価値観に触れることで精神が充実すると、それが外見や言葉の端々ににじみ出るようになります。

■習い事をしてみる
自分磨きの方法として人気があるのは、やはり習い事。料理・メイク・話し方など婚活に役立つものを習うもよし、将来に役立つスキル・資格を身につけるのも良いでしょう。特技や知識を持つことは大きな自信に繋がり、婚活の場でもしっかりと自己アピールができるようになります。

■性格や立ち振る舞いの弱点を見直す
すぐ感情的になる・自分勝手・卑屈になりすぎるなど、自分でもここは直さないとな・・・と思っている部分があるなら婚活前にしっかりと改善しておきましょう。自分を客観的に見ることは、内面磨きにも繋がります。立ち振る舞いに関しては、表情や仕草についての見直しを。とくに表情が硬い人は婚活でも相手にいい印象を与えにくいため、自然な笑顔ができるようトレーニングしてみて。

免責事項
このサイトで掲載している情報は個人の独自調査でまとめたものです。
費用やサービスなどの最新情報は必ず各社公式サイトにてご確認下さい。
ページの先頭へ