みんなの失敗体験談

街コンで失敗した例

街コンの失敗体験談街コンに参加したけれど、いい出会いがなかったという失敗体験談を紹介しています。


■Case1:「連絡先を聞きすぎてわからなくなった」20代男性


はじめて街コンに参加しました。たくさんの人が参加していて、少なくとも10人以上の女性と話をしました。ちょっと気になる人に、片っ端から連絡先を聞いていったところ、終わった後に見返してみて、誰が誰だかわからなくなってしまいました。けっこう気に入っていた人もいたのに…。連絡先を聞きすぎるのはよくないと反省し、この教訓を次の街コンに生かしたいと思います。


■Case2:「同性で盛り上がりすぎた」20代女性


1人で参加できる街コンに行ってみました。はじめは新鮮な気持ちで楽しかったのですが、初対面の男性と話をし続けていくうちに、だんだん疲れてきてしまいました。すると、同じく1人で来ていた女性が。彼女と話をしていたらすっかり意気投合。会話に入りにくい雰囲気を出していたのか、盛り上がっている私たちに話しかけてくる男性はいませんでした。街コンのおかげで同性の友だちはできましたが、素敵な男性との出会いという点では失敗でした。


■Case3:「気に入った人にアプローチできなかった」20代女性


先日参加した街コンで「ちょっとイイな」と思う男性がいたのですが、私と同じ気持ちの人も多かったようで、彼の周りには常に女の子がいる状態。遠巻きに眺めながら、テーブルが空くのを待っていたのですがなかなか空かず…。結局、最後まで彼と話をするチャンスは巡ってきませんでした。気に入った人がいたら、周りの目を気にせずガツガツ行くべきだったな、と後悔しています。


■まとめ

多くの人が参加する街コン。食事やお酒を楽しみながら、気軽に参加できるのが魅力です。場の雰囲気から連絡先も聞きやすく、気になる人がいたら積極的に連絡してしまいそうになりますよね? でも、後になってどの連絡先が誰のものだったのかわからなくなってしまう…というケースも多いようです。よほど気になった人だけに限定するか、あとで思い出せるような登録の仕方をしておくといいでしょう。友だち同士でも参加しやすく、新しい友だちも作りやすいと評判の街コン。ですが、同性だけで盛り上がっているのは異性にとっては話しかけにくいもの。友だちとの話はほどほどに、本来の目的を忘れないようにしましょう。

免責事項
このサイトで掲載している情報は個人の独自調査でまとめたものです。
費用やサービスなどの最新情報は必ず各社公式サイトにてご確認下さい。
ページの先頭へ